ニュース・お知らせ静岡県で『美しい日本語の話し方教室』が実施されました

美しい日本語の話し方教室

8月7日(火)、ふじのくに地球環境史ミュージアム(静岡・静岡市)にて、小学4~6年生の児童65名を対象に『美しい日本語の話し方教室』が実施されました。

夏休みのアートセミナーとして、静岡県と共催で県内の小学生を対象に一般募集して行った今回の『美しい日本語の話し方教室』。はじめに、ふじのくに地球環境史ミュージアム主任研究員の早川宗志様より「美しい植物の名前」についてお話しいただいた後、授業が始まりました。講師を務めるのは、『オペラ座の怪人』静岡公演に出演中の劇団四季俳優・小川美緒、飯泉佳一、熊埜御堂ゆかりの3人。児童たちは目を輝かせながら、興味津々で参加します。最後は全員で半円になり、劇団四季のオリジナルミュージカル『ユタと不思議な仲間たち』のテーマ曲「友だちはいいもんだ」を歌いました。

参加した児童からは、「滑舌が悪くて困っていたけれど、これからは今日習ったことをイメージしながら話してみようと思います」「歌うのも楽しかった」と感想がよせられました。また、一緒に参加された保護者の方からは、「大人も勉強になった」「俳優さんたちの声はよく響くので、驚きました」などのお声をいただきました。

静岡県内では、このあと静岡市・伊豆市の小学校でも授業を実施する予定です。今後もこの活動を日本全国で続けてまいります。

※『美しい日本語の話し方教室』は、各都道府県の教育委員会等より学校単位でお申込みいただく出張授業です。

『オペラ座の怪人』に出演中の俳優が講師を務めました(左から熊埜御堂ゆかり、飯泉佳一、小川美緒)

『オペラ座の怪人』に出演中の俳優が講師を務めました(左から熊埜御堂ゆかり、飯泉佳一、小川美緒)

子どもたちの発言に耳を傾けます

子どもたちの発言に耳を傾けます

「おはようございます」と、はっきりと発言してくれました

「おはようございます」と、はっきりと発言してくれました

全員で「友だちはいいもんだ」を歌う様子

全員で「友だちはいいもんだ」を歌う様子

みんなの心が歌でつながります

みんなの心が歌でつながります