ニュース・お知らせ「こころの劇場」東京公演、『魔法をすてたマジョリン』が開幕しました!

こころの劇場

5月15日(火)、北とぴあ さくらホール(東京・北区)にて、ミュージカル『魔法をすてたマジョリン』の「こころの劇場」東京公演が行われました。

「こころの劇場」東京公演は、より多くの児童が参加しやすい環境を提供すべく、昨年度から都内9ヵ所の公共ホールをお借りし、地元行政・教育関係のご協力を得て上演しています。今年度の初日公演には、北区・荒川区・足立区より計13校、約2,400名の小学6年生が来場しました。

青空のもと、子どもたちは「おはようございます!」と元気に挨拶しながら来場。なかには、「すごく楽しみにしていたんだ!」と言葉にする児童も。開演を知らせるベルが鳴ると拍手が起き、マジョリンの「こんにちは!」という呼びかけにも大きな声で応えます。終幕、子どもたちの歌の力を借りて物語が進行するシーンでは、会場いっぱいの歌声で客席がひとつに。カーテンコールは大きな拍手に包まれ、会場を後にする時は、友だちと話す笑顔が一段と輝いていました。

「こころの劇場」東京公演は、7月13日(金)まで北区の他、江戸川区、府中市、多摩市、練馬区、八王子市、目黒区、新宿区、大田区と9都市で巡演し、69公演、約84,000人の児童を招待する予定です。

子どもたちの歌の力を借りて物語が進行するシーンでは、会場いっぱいの歌声で客席がひとつに

子どもたちの歌の力を借りて物語が進行するシーンでは、会場いっぱいの歌声で客席がひとつに

カーテンコールは大きな拍手に包まれました

カーテンコールは大きな拍手に包まれました

出演者とハイタッチをする子どもたちの笑顔が輝いていました

出演者とハイタッチをする子どもたちの笑顔が輝いていました