ニュース・お知らせ『嵐の中の子どもたち』クリスマスチャリティー公演が千秋楽を迎えました!

チャリティー公演

12月19日(火)、ファミリーミュージカル『嵐の中の子どもたち』クリスマスチャリティー公演が東京・府中で千秋楽を迎えました。

この公演は、「ハンディキャップを持つ方々に夢や希望を与えたい」という思いから、日産労連の組合員の方々が毎月100円ずつ積み立てた「福祉基金」を基に行われています。42年目となった今年のクリスマスチャリティー公演では、22都市で22,000人をご招待。11月には通算上演回数1,000回の節目を迎え、その後も全国のお客様の思い出に残る舞台をお届けすべく旅を続けてきました。

千秋楽となったこの日、幕が上がるその時を楽しみにされていたように、冒頭のナンバーから音楽に合わせて手拍子が。お客様は、登場人物らと一緒に冒険しているかのように、笑ったり、心配そうな眼差しで見つめたりと、素直な感情で観劇を楽しんでくださっていました。

終演後には、本公演を運営されている日産労連の皆様とのパーティーが開かれました。式の中では、日産労連の皆様が劇中ナンバー「すてきな仲間」をハンドベルで演奏してくださり、それにあわせて俳優・スタッフほか、会場にいる全員で合唱するひと幕も。チャリティー公演を無事に終えた仲間同士、本公演に込められた願いや祈りを改めて確かめ合うひと時となりました。

『嵐の中の子どもたち』は2018年3月まで、「こころの劇場」公演を含めた全国ツアーが続けられます。

(取材協力:劇団四季)

『嵐の中の子どもたち』チャリティー公演千秋楽の会場となった「府中の森芸術劇場」。

『嵐の中の子どもたち』チャリティー公演千秋楽の会場となった「府中の森芸術劇場」。

劇団四季の研究生が会場運営をサポート。開場時間前、日産労連のスタッフの方からの説明に、真剣に耳を傾けていました。

劇団四季の研究生が会場運営をサポート。開場時間前、日産労連のスタッフの方からの説明に、真剣に耳を傾けていました。

車椅子介助講習も行われ、お客様をご案内する際の注意点などを学ぶ劇団四季の研究生たち。

車椅子介助講習も行われ、お客様をご案内する際の注意点などを学ぶ劇団四季の研究生たち。

「段差を下りますよ」「曲がりますね」と、しっかり声をかけてから案内すべく、練習する研究生たち。

「段差を下りますよ」「曲がりますね」と、しっかり声をかけてから案内すべく、練習する研究生たち。

劇場の前では、サンタとトナカイがお客様をお出迎え。嬉しそうに駆け寄るお客様の姿が多く見受けられました。

劇場の前では、サンタとトナカイがお客様をお出迎え。嬉しそうに駆け寄るお客様の姿が多く見受けられました。

カーテンコールでは大きな拍手と歓声を送ってくださいました。

カーテンコールでは大きな拍手と歓声を送ってくださいました。

終演後、ロビーで四季の出演者らがお見送り。「楽しかった!」「また来年も来るからね!」などのお声をいただき、たくさんの温かい交流が生まれました。

終演後、ロビーで四季の出演者らがお見送り。「楽しかった!」「また来年も来るからね!」などのお声をいただき、たくさんの温かい交流が生まれました。

打ち上げパーティーにて、俳優たちは劇中ナンバーをメドレー式で披露。

打ち上げパーティーにて、俳優たちは劇中ナンバーをメドレー式で披露。

日産労連の皆様によるハンドベル演奏。クリスマスの雰囲気にピッタリのその音色に、盛大な拍手が送られました。

日産労連の皆様によるハンドベル演奏。クリスマスの雰囲気にピッタリのその音色に、盛大な拍手が送られました。