ニュース・お知らせ長崎県・壱岐にて3年ぶりの「こころの劇場」公演が行われました

こころの劇場

2月5日(月)、長崎県・壱岐の島ホール(壱岐文化ホール)にて、2015年以来3年ぶりに「こころの劇場」公演が行われました。

長崎県では、"子どもたちに舞台の感動を伝えたい"という教育委員会の皆様ほか、地元の方々の強いご意向とご協力により、県内にある約600の島のうち、壱岐、五島、新上五島にてそれぞれ3年に一度「こころの劇場」公演が実施されています。今年は壱岐で『嵐の中の子どもたち』が上演され、小学校4~6年生を対象とした約900名の子どもたちが舞台を楽しみました。

公演前日には、劇団四季の俳優・菅本烈子らが白川博一壱岐市長を訪問。前回の壱岐公演にも出演した菅本は市長と3年ぶりの再会となり、前に訪れた島の名所などの話題に花が咲きました。当日は、滅多に降らない雪が舞うほど寒い一日となりましたが、子どもたちは元気に来場。俳優たちの熱演に盛んに拍手を送っていました。

また、終演後には、壱岐市立渡良小学校で『美しい日本語の話し方教室』を実施。三根圭子校長からは、「児童たちが授業で習った"相手に心を込めて伝えること"をさっそく実践している様子に、とても感動しました」とのお言葉をいただきました。翌日カンパニー一同は、郷ノ浦港から博多港に向かって出航。次なる公演地へ旅立ちました。

(取材協力:劇団四季)

壱岐島に到着すると、地元の皆様が、歓迎の横断幕を持って出迎えてくださいました

壱岐島に到着すると、地元の皆様が、歓迎の横断幕を持って出迎えてくださいました

公演前日、白川博一市長(前列中央)を表敬訪問しました

公演前日、白川博一市長(前列中央)を表敬訪問しました

舞台仕込み前に地元ボランティアの方々とミーティングを実施しました

舞台仕込み前に地元ボランティアの方々とミーティングを実施しました

小雪舞うなか、児童が会場に入場

小雪舞うなか、児童が会場に入場

「春一番」の語源となった壱岐の波涛をデザインした緞帳を前に、開演を待つ児童たち

「春一番」の語源となった壱岐の波涛をデザインした緞帳を前に、開演を待つ児童たち

渡良小学校で『美しい日本語の話し方教室』を実施しました(写真左より、小幡朱里、岸 佳宏、山本 道)

渡良小学校で『美しい日本語の話し方教室』を実施しました(写真左より、小幡朱里、岸 佳宏、山本 道)

博多港に向かうジェットフォイルに乗り込む出演者とスタッフたち

博多港に向かうジェットフォイルに乗り込む出演者とスタッフたち

船が見えなくなるまで手を振ってくださった地元の皆様。温かいお心遣いに、カンパニー一同胸を熱くして次なる公演地へ

船が見えなくなるまで手を振ってくださった地元の皆様。温かいお心遣いに、カンパニー一同胸を熱くして次なる公演地へ